作る時に理解すべきこと

エクステリアについて知っておきたいこと

エクステリアは家の外観を印象付ける点でとても重要です。ただ、新築の状態であればエクステリアはぴかぴかで、思わずたくさん友達を呼んでしまいたくなる気持ちも出てくるでしょうか、10年も20年もするとあらゆる箇所が老築化し、見た目もぼやけてきます。 それだけではなく外壁なども劣化が始まります。このようになると、リフォームをしてものと状態に戻したほうが見た目的にも、その家の寿命としても長持ちするのです。 では、エクステリアは新築からどのくらいでリフォームをしたほうが良いのでしょうか。一般的には新築から10ねんぐらいでリフォームをしたほうがいいと言われています。その後もおよそ10年置きにリフォームをすると外観もよくなりますし、寿命も延びてきます。

工夫することで得られるメリット

とは言え、エクステリアをリフォームするのはなかなか家主にとって大きな負担になることは間違いありまえん。それは金銭的な理由についてです。例えば、家の外壁を塗装するだけでも少なくとも50万円ぐらいは用意をしておいた方がいいでしょう。それ以外には門やカーポートなども同時に劣化します。特に門は防犯の面でとても重要な働きをしていることは言うまでもありません。 では、これらのリフォームをするにあたり、安く仕上げるべきでしょうか。結論的にいうと素材は良いものを使ったほうがこの先のリフォームまでの感覚を長くすることができるため、長期的に見ると質が良い素材を使ったほうがお金がかかりません。外壁工事でも安い素材の1.5倍の価格の素材を使えば寿命は2倍以上は伸びるのです。