必要なメンテナンス

外壁塗装は最大のメンテナンスです

苦労して建てたマイホーム。どんなに大切にお手入れしたとしても外壁まではなかなか手がまわりません。素人が外壁をお手入れすることは難しいでしょう。 しかしいざ外壁のメンテナンスをするとなると大がかりです。料金的にも高そうで二の足を踏んでしまいそうです。 外壁のメンテナンスとは一体どういったものがあるのでしょうか。それにはまずは外壁塗装をすることが重要でしょう。塗装は10年を目安に塗り替えるのが家を長持ちさせる秘訣です。 外壁塗装が劣化した状態で放置すると壁内部に水が浸入し腐食を起こすなどして外壁そのものを取り替えなければいけない事態も起こりえます。こうなると費用は何倍にも跳ね上がってしまいますし、工期もかかります。

塗装を行うことで得られるメリット

まずは外壁塗装をしかえることによって外観が見違えるように美しくなるでしょう。 そして私たちの目に見えない部分で大いに役立っていることがあります。 それは防水効果です。外壁の塗料には顔料と樹脂が含まれています。この樹脂に塗膜効果があります。しかしながら長年の紫外線などにより樹脂が失われます。そうなると外壁から水が内部へと侵入していきます。断熱材が湿気を帯びたり骨組みにまで浸食してしまうのです。木材が湿気を帯びるとカビが発生したりシロアリの発生さえ起こるのです。 あなたのお宅の外壁を手で触ってみてください。その時手にチョークの粉のようなものが付着したら塗装がえの時期です。この粉は油膜が劣化し分解した結果剥がれおちたものなのです。 外壁塗装するならまずは専門業者に確認してもらいましょう。インターネットを使えば各社の施行例や相談方法が掲載されています。 マイホームのためにも早めの決断が必要かもしれません。