作る時に理解すべきこと

エクステリアを作る時に最も大切なことが外観を考えることです。エクステリアは年月が経てばどんどんと老朽化します。エクステリアを作ったら定期的にリフォームしましょう。リフォーム時に工夫することで負担を抑えることができます。

作る時期の計算

エクステリアをいつつくるか

エクステリアをつくるタイミングはやはり新築と同時期が一番です。住宅というものは、建物本体と外構が一体となって、形をなすものですから、自分の気に入ったものにするためには、新築時に同時に行ってしまうのがベストなのです。中古住宅の場合であっても、購入時にエクステリアを見直すことが大切です。建物の内部には気を配っても意外とエクステリアは後回しにされがちですが、使いながら手を入れていくということは実際にはあまりできません。少なくとも、自分が気にしている部分については、早めの段階で手を入れることをお勧めします。例えば、駐車場であっても、後々自動車が増えたときに整備しようと思っても、いざ、その時になってもなかなか実行に移すことができません。

リフォームで対応することの困難性

実際に、エクステリアは付属品的な扱いですから、優先順位としては下がってしまいます。もちろん、整備の必要性は実際に住んでいる人たちが最も感じることですが、リフォームで対応しようとしても、建物本体の方が優先されてしまい、なかなかお金をかけることができないのです。我が家も、新築のときにはエクステリアを最小限にして、建物本体に重点的に費用をかけるようにしました。その結果、ほとんど敷地内に建物だけが建っているような状況でしたが、後々、手を入れようにも、かける費用がありません。やはり、新築時にエクステリアまで含めて整備することが重要です。そのことは、実際にその建物に住んでいるものが一番痛切に感じることなのです。

PICK UP

屋根の歴史背景

直射日光や雨などから実を守る役割がある屋根ですが、屋根は国や地域によって形や素材が異なります。日本国内で屋根がどのように変化してきたのか、屋根の歴史を学ぶことが大切です。

必要なメンテナンス

住宅は住居年数が長くなってしまいますとメンテナンスが必要になります。住宅のメンテナンスの中でも特に重要視されているのが外壁塗装です。外壁塗装をしっかりと行って住宅をきれいな状態で維持することが大切です。

行なう理由

家のメンテナンスとして定期的に行わなければいけない外壁塗装ですが、外壁塗装をなぜ行わなければいけないのか理由を学ぶことが大切です。なぜやらなければいけないのか、工事の重要性を把握しましょう。

長く使うために

外壁工事をしっかりと行なうことが家の外観を維持するために必要なのですが、近年は長期間使うことができ、メンテナンス費用を抑えることができる素材があるので、長期間綺麗な外壁を維持することができます。